ほかのもの 2

ほかのもの  へ

ニッポンだった

この年にきて(年齢トップシークレット)、ぐぐぐと来てます・ニッポンもの。鶴の親子の飾り物、ウメの枝にとまる雀、おなじみ鳥居。ありそでなさそアイテム。業者に高年齢の人が多いからなのか、変に高く言われてしまうのは、閉口でっすアイテムでもあるのですが、ポチポチと入ります。これらの好みの延長線上には一体なにがくるのでしょうか?
ここにきてやや楽しみです。年をとるのは楽しい!と負け惜しみ的に思えるのは、こんな時だけです。とんでもないブサイクなものを好きになってたらどうしましょうか?やや不安はあれど、やや予想もあれど(盆栽、盆石、とか?)、いま思いもつかないものが、来たら最高です。

背後にそびえる写真集は、オランダの写真家・エルスケンの1959−60の日本写真集です。釜が崎の労務者や道頓堀のチンピラ893の素晴らしい写真がバチバチ。一番好きな写真集です。

ホルモン焼のちょうちんの下に、ちんぴら893が勢ぞろい。かっちょイイッぜええ!

アクリル樹脂ライター、呼び名はバカ・ライターもしくはよわよわライター

透明なアクリル樹脂に、宣伝のものが閉じ込められて、火をつけられるのを待っている。みんな流行りたいし、さらされたいし、人気者になりたい。サントリー・オールドや日本酒のミニ一升瓶は良くみるけれど、そんな以外の変な中身たち。クーラー、シャンプー、結婚式場、ねじ、乾電池、ソケット、女子校、鉱石などなどなど。最近は熱心ではないけれど、こんなはずしたアイテムに、目がとまり、愛をそそいだものです。中身が弱ければ弱いほど、そそぐ愛は強く大きなものに。重厚な調度品に囲まれた山の手の洋館の応接間で、ヒゲをはやした立派な紳士から、タバコを勧められ、相手の手の中に、こんなバカ・ライターがあったなら・・・。緊張と権威は瞬時に失墜して、(シャンプーか〜いっ)、なごやかな平和が訪れること、間違いなし!肝心なとき用に、ひとつくらいは持っておくと、間違いありませんっ!!しかし中空でとまって浮いているねじのやつとかはどうやって作るんだろう??技術者とかに勲章あげたい感じです。

子供カメラ・型木製宝石?箱

こけし柄の普通の小箱はよくみますが、なんと!カメラ型。
丸いレンズは鏡が貼り付けられて、ファインダーまである凝ったつくり。
見つけたとたん、久しぶりの、買わねばならぬ・電波をキャッチ!!でお持ち帰り〜

神社のはしっこの時間差出店で有名な、、ナルニア王国さんにて発見しました。
福生の地で、はるかな昔からオモチャ系おもしろ物を営んでらっしゃる、
ナルニアさんには、けっこ前から、、年1くらいの感じで行ってました。
いまは貴重なマイコレになったTV貯金箱や人工衛星貯金箱、くろんぼやタワーなど、
いくたびにウハウハ面白いものに出会えました。
店主の(社長の)みーちゃん(勝手にアダナ)は、
物知りで温和・キラリッと鋭い笑顔で、
面白いものには1本スジの通ったセンスがある、ラジカル・ダンディなお方です。

おみやげ系玩具・女の子用なのですが、カメラ型はしびれました。。
うしろもナカナカのシェイプ!
普通の小箱にあきたらず、カメラの形にしたら受けるかも・・と思った、
その職人さんにVIP勲章さしあげたいでーす。